ハンぎょボール

こんにちは!スポーツアナウンサーの脇田達司です。
9月22日にハンドボール🤾‍♀️🤾‍♂️の日本リーグが開幕しました。
本格的に取材を始めたのも昨シーズンの日本選手権からだったので
開幕節からじっくり見られるのはとても楽しみです。

私もプレイヤーの気持ちになって取材できるようにと思って体験してきました。

と言ってもハンドボール🤾‍♀️🤾‍♂️ではありません。
あれ?お魚がずらっと並んでいますね。
これは富山県氷見市で生まれた

「ハンぎょボール」です。

誰でも気軽にできるように「ゆるスポーツ」というカテゴリーです。
ハンドボールはとても激しいスポーツですが
「ゆるスポーツ」なのでボディコンタクトもそこまでないので
ハンドボールのとっかかりにはもってこいです。
この日はおよそ30人が体験しました。

まずはハンぎょボールをするためにハンドボールの要素を体感します。
パスしたり、シュート打ったり、
パス&ランしたり、
オフェンス・ディフェンスの4:3をしたり。
1時間あまり体感した後は
いよいよゲームです。
4チームに分かれて3分のハーフゲーム。
(本来は7分ハーフ)
ルールは基本的にハンドボールと同じ。
いくつか違うのが
コートプレイヤーはお魚を投げ手の脇に挟みます。
パスやシュートをするときはその魚を挟んだ手でしないと反則。
またそのお魚を落とすと反則。
反則したプレイヤーは冷蔵庫と言って
相手チームが得点するまではコートに戻れません。

つまり高い打点からはパスやシュートができないのです。
またゴールキーパーは両脇にウキを挟みます。

そしてシュートを決めたプレイヤーは持つお魚が大きくなります。
パスやシュートが打ちにくくなります。

また使う用語も富山の方言ばかり🤣🤣🤣

だらぶつ、おかげる、 スレ、しょわしない、はよせーま、けっとばす、おーど

ゲームの様子はこちら↓


審判も魚市場の競り人のスタイルです😂


私もやってみました。
決定的なポストプレイでシュートを2本打ちました。
ゴールキーパーの真正面に打っちゃって
ゴールネット🥅を揺らすことはできませんでした。
しかしコートいっぱい走り回りました。
ディフェンスからの速攻ってこんなことなんだぁって。

ガチでできなくてもとても面白い「ゆるスポーツ」です。

ぜひやってみてくださーい