脇田 達司 (わきた たつじ) TATSUJI WAKITA

1975年10月24日 愛知県名古屋市生まれ

小学校1年のときに九州福岡へ移住
その後、小中高は福岡で過ごし、大学は山口へ。
学生時代は陸上競技(長距離)に明け暮れる毎日。
5000m 自己ベストタイム 15分20秒

徳山大学経済学部経済学科を卒業後、佐賀県鳥栖市へ。

アナウンサーの夢を捨てきれずアナウンスの専門学校へ通いながら
家庭教師やスポーツカメラマンのアルバイトも。

★2000年4月 日本道路交通情報センターへ入社

ラジオ・テレビの道路交通情報のキャスターを延べ8年間担当(福岡センター・那覇センター)
NHKテレビ 『NHKニュース おはよう日本』(福岡県域)や
NHKラジオ第1 年末道路交通情報リレー(九州・沖縄ブロック)を担当

★2013年4月 エフエム佐賀 地域情報番組『Hello!多久』のパーソナリティーを担当
多久市の行政広報番組を制作
全国中学校駅伝 現地取材・ダイジェスト実況
郡市対抗県内一周駅伝 リポートなど

★2014年5月 サガテレビ 小城市の観光情報発信事業に携わり番組制作に従事

★2015年10月 地元ケーブルテレビ局で番組制作に従事
企画・撮影から編集原稿まで軽いフットワークを生かす。

佐賀県高校駅伝ダイジェスト ナレーション
郡市対抗県内一周駅伝 中継所実況
学童軟式野球大会 決勝戦実況

夕方の生ワイド番組のキャスター


★このほか
カーリングインビテーショナル大会

『FujiCurl』では
トリノ・バンクーバー五輪で解説を務めた小林宏氏(故人)とともに実況・解説のコンビを組んだ


★2017年10月 仕事の拠点を東京へ移すのと同時に
フリーアナウンサーとして活動を始める。
東京六大学野球(AbemaTV)や学童野球(J:COM)の実況などを担当

2019年3月 活動拠点を再び九州へ戻す。
現在はスポーツに限らずあらゆるジャンルにも挑戦中。

アナウンサー活動の傍ら
マラソン、トライアスロン、カーリングなど
選手・審判の両面からスポーツを楽しんでいる。

「見て聴いて、やってみたいな、応援したいなと思っていただけるアナウンサー」になるべく
2019 女子ハンドボール世界選手権(熊本開催)
の実況席を目標に活動中


【趣味・特技】

スポーツ観戦…プロ野球は物心ついた頃からカープファン

マラソン…自己ベスト 3時間12分10秒(2009年NAHAマラソン)
※走ったレースは全て制限時間内完走(CATV時代にはスタッフランナーとして走りトップタイム)

カーリング… 2013年 日本ミックスダブルス選手権 出場(九州から初めて西日本ブロック代表として出場)

トライアスロン…オリンピックディスタンスを中心に
旅行…ひとり旅が多い

【資格・免許】

日本カーリング協会B級公認審判員(西日本ミックスダブルス選手権 審判長経験あり)

日本トライアスロン連合第2種公認審判員(佐賀県トライアスロン協会 理事 鳥栖地区担当)

日本スポーツ協会競技別指導者資格 コーチ1ライセンス(カーリング)

教員免許状(中学:社会 高校:地理歴史・公民)


プロモーションシートはこちら(PDFファイル)